新たなものを購入

未分類

レンズキットどんなメーカーのカメラであっても、レンズは微妙なものになっているのがほとんどです。付属のレンズキットの画質は、慣れてくると微妙なことに気が付くでしょう。最初のうちは、非常に高性能なレンズに感じます。ところが、これがカメラを購入した時の高揚感でしかなかったことに気が付くからです。思っているような画質が得られないというのも当然で、そこまで高性能でピーキーな性能なレンズはつけられていません。だれでも使い勝手に優れるレンズにしておかなければ、汎用性がなく困ってしまいます。そうならないように、ある程度の性能なレンズがついているといえるでしょう。だからこそ、いろいろとレンズが欲しくなり、購入していくことになりますが、使わないものも出てくるようになってくるでしょう。明るいレンズが欲しくなると、何種類か持つようになりますし、結果として余ってしまうレンズが出てきます。

レンズは買い替えという選択肢も出てくるのですから、古いレンズは買取りに出してしまう方がお得です。金額的にも安いものではありませんので、資金にしてしまうといいでしょう。買い替えるというレベルで考えると、古いものは使うことがなくなるのですから、箪笥の肥やしにするよりも売ってしまうのがお得です。